千葉でインプラント歯科をお探しなら上志津中央歯科|千葉県佐倉市の歯医者

043-461-3557

WEB診療予約はこちら

京成線志津駅より徒歩1分

MENU

ホーム > 歯のSOS“痛み”は進行のサインです ~虫歯治療~

歯のSOS“痛み”は進行のサインです
~虫歯治療~

日本人の約90%以上が虫歯にかかっています。
虫歯は、お口の中に残っている糖分を虫歯菌が分解して「酸」をつくり、この「酸」が歯を溶かし、その部分に穴をあけます。これが虫歯のはじまりです。歯の表面は固いエナメル質で覆われているので、ごく初期段階の虫歯は自覚症状がありません。しかしそのままケアを怠るとどんどん悪化していきます。やがて、「痛む」「しみる」の症状が現れます。
虫歯は早い段階で治療することができれば、比較的簡単な処置で済みます。早期発見・早期治療をすることが大切です。

痛みからみる原因と対処法

ズキズキ痛い・冷たい物がしみる

歯の表面のエナメル質の下には象牙質があります。虫歯による汚染が、エナメル質が溶かされ象牙質にまで進むと、その奥にある歯の神経にまで刺激が伝わります。冷たい物がしみるようになり、やがてズキズキと痛み出します。

【対処法】
痛みを感じるほどに進行している虫歯の場合自然治癒はしません。進行を止めるためには虫歯部分を取り除かなければいけません。歯の神経にまで汚染が及んでしまっている場合は、歯の神経を抜く「根管治療」が必要になることもあります。早めに歯科治療を受けることで虫歯の進行を止めましょう。

ドーンと痛い・歯茎が腫れている

歯の根の先に虫歯菌が入り込み、膿がたまっている可能性があります。または、歯周病による歯茎の腫れが考えられます。「親知らず」が影響している可能性もあるので、すみやかに歯科医院にご相談ください。

【対処法】
原因が虫歯の場合は、「根管治療」が必要になるケースだと考えられます。歯茎から膿が出ている場合は、膿を取り除いてから抗生物質を服用していただき、炎症を抑える応急処置を行い、症状に合わせて虫歯や「歯周病」の治療を行います。症状が落ち着くまではやわらかめの歯ブラシで汚れを落とすようにしましょう。

キーンと痛い・甘い物がしみる

虫歯ではないのにこのような症状が起こる場合は「知覚過敏」が考えられます。歯の表面のエナメル質が欠けたり失われたりするとちょっとした刺激に反応してしまうことがあります。または、「歯周病」などで歯茎が下がり歯根が露出するとこのような痛みを感じることがあります。

【対処法】
知覚過敏用の歯磨き粉が有効です。継続的に使用することで症状が和らいでいきます。歯が欠けている場合は歯科用プラスチックなどで埋めなければならないので、歯科医院での処置が必要です。